• 一般型介護付有料老人ホームについて

    介護付有料老人ホームにも、実は一般型介護付有料老人ホームと、外部サービス利用型介護付有料老人ホームという、おおきく分けると2つの種類があります。



    一般型介護付有料老人ホームのほうは、文字通り、タイプとしては基本ともいうべきものですが、その特徴としては、介護サービスを計画する人と、実際に介護をしてくれる人の、両方が同じ老人ホームのなかではたらいているという形態であることが挙げられます。
    このような形態であるメリットとしては、計画も介護もすべてがひとつの施設のなかで完結しているため、職員どうしの意思疎通をはかることが容易であり、質の高い介護を受けられる可能性があるということがあります。



    また、急な病気などにかかった際にも、スムーズに外部の医療機関などと連携をしてもらえるといった点も、やはりメリットとして挙げられるところです。そのいっぽうにおいて、いったん老人ホームを選択してしまうと、サービスが利用者の意にそぐわないものであったとしても、容易に他のサービスに乗り換えるということができないという点は、デメリットにもなり得るものといえます。


    その点、外部サービス利用型のほうであれば、介護の計画をする主体と、実際に介護のサービスを提供する主体とが別々になっていますので、サービスの水準が気に入らなければ、別の業者に交換してしまえばよいということになります。

    エキサイトニュースならこちらが人気です。

    このように、老人ホームの種類によって、一長一短がありますので、ニーズにあわせて慎重に選択するのがよいといえます。