• 胃ろうの人の受け入れが可能な介護付有料老人ホーム

    胃ろうはさまざまな事情により、チューブで胃に栄養を送る処置です。

    数はやや少なくなりますが、胃ろうの人を受け入れる介護付有料老人ホームもあります。

    胃ろうの人の場合は、医師か看護師が24時間常駐している介護付有料老人ホームを選ぶようにすれば、安心です。

    毎日新聞が気になる方はこちらへご来訪下さい。

    介護付有料老人ホームの中には、相談して胃ろうの人を受け入れるかどうか決めるところもあります。このようなホームだったら、相談する価値はありますが、安心できるのは医療スタッフがいつもいる所です。


    胃ろうの方の場合は症状を安定させることが大切なので、毎日の生活で医療の専門家の手がどうしても必要になります。胃ろうの方の場合は、認知症を発症していることが多くなります。



    胃ろうがあって、認知症を発症している方でも受け入れる介護付有料老人ホームもあります。



    この場合は、必ず医師が常駐しているところを選ぶようにしましょう。

    認知症のために自分のチューブをはずしてしまう恐れがあります。

    そのような状態になったら、どうしても医師の処置が必要です。
    胃ろうの他に痰の吸引が必要な方もいます。


    このような方も、やはり医療スタッフがいる施設が好ましいです。
    痰の吸引は訓練を受けた介護士だったらできるようになったのですが、胃ろうのトラブルに備えて、医療スタッフの存在は必要になります。
    胃ろうの方を受け入れられる施設は地方は少ない傾向にあります。


    地方で見つからない時は、都市部も探してみましょう。