• 介護付有料老人ホームについて

    • 介護付有料老人ホームとは、食事をはじめとした健康管理、掃除や洗濯、入浴、排せつ等日常生活において介護サービスが提供される施設です。


      現在、介護付有料老人ホームは全国で2、000施設以上あり、有料老人ホームに区分される施設全体のほぼ8割を占めます。
      介護付有料老人ホームに入居するための条件は、原則として65歳以上の人で共同生活になじめる方ですが、認知症や胃ろうなどの医療ケアが必要な方でも入居可能な施設があります。


      要介護1以上の方を入居対象に限定した「介護専用」型、要支援や要介護認定されていない方でも入居出来る「混合」型があります。
      なお、入居期間は原則終身利用となっています。


      介護付有料老人ホームへの入居に際しては、入居一時金と月額使用料が必要になります。
      入居一時金については、無料の所もありますが、立地条件や施設の充実度に応じて数百万円から数千万円する所もあります。

      日経メディカル情報がリニューアルしました。

      月額利用料は、おおよそ15万円前後から30万円前後で、家賃や管理費、水道光熱費、食費の他、1割自己負担となる介護保険料が含まれます。


      また、必要に応じて医療機関を受診した際の医療費やおむつ代等の雑費がかかってきます。
      介護サービスは、24時間体制で施設の介護スタッフが行います。



      また、医療機関との連携により、健康管理や緊急時に必要な処置が提供されます。

      身体機能回復のためのリハビリは勿論、サークル活動など充実したイベントで入居者を楽しませてくれる施設も多いです。

      介護付き有料老人ホームは人気のテーマです。

  • 福祉をもっと知る

    • 介護付有料老人ホームについて

      介護付有料老人ホームとは、常にヘルパーさんが年配の方を見守ってくれる施設のことで、心配することはありません。一人一人アパートのような部屋をもらえることでプライバシーを守ることができます。...

  • 福祉の補足説明

    • 一般型介護付有料老人ホームについて

      介護付有料老人ホームにも、実は一般型介護付有料老人ホームと、外部サービス利用型介護付有料老人ホームという、おおきく分けると2つの種類があります。一般型介護付有料老人ホームのほうは、文字通り、タイプとしては基本ともいうべきものですが、その特徴としては、介護サービスを計画する人と、実際に介護をしてくれる人の、両方が同じ老人ホームのなかではたらいているという形態であることが挙げられます。...

  • 福祉の特徴・身に付けたい知識